読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Judy 真夜中の偵察手

真夜中に仕事で東海道と中山道をうろうろしています。 ちなみにJudyは彗星という意味です。

愛知県蒲郡市三谷町諏訪山 星越トンネル 平坂街道星越峠 287K880D

愛知県蒲郡市

とても月のきれいな夜だった。

気温2度

新幹線と在来線が絡みつくように並走する区間では、深夜を貫く夜行寝台のサンライズ出雲がとても幻想的に見える。この特殊な線形には理由があって、詳しくは下記リンクにて。

三河大塚(星越トンネル) 2014/5/1: 懐かしい駅の風景~線路配線図とともに

 

f:id:pooteen:20161216124005p:plain

また新幹線から、在来線を通過する夜行列車サンライズ出雲がとても幻想的に見えるのは、遠くに真っ暗な海と遠くの灯火を抱えているのと、流れて沁みこんで消えた悲しい血が心を震わせているかもしれない。

星越トンネルの西では人生に絶望した郵便局員が、新幹線に飛び込んで跳ねられた挙句に在来線まで飛ばされてさらに轢かれた。

星越トンネルの東では人生に絶望した母子が、新幹線に飛び込んで夜明け前の始発前幹線点検の確認車に発見された。母が50センチ通路にはまり込んで倒れていたという。

同時に飛び込んだとみられている赤子は未だに発見されていない。

星越トンネル、平坂街道星越峠はひょっとしたら、星の声が聞こえる星聲峠という込められた意味があるのかもしれない。天に召された人々の聲が聞こえる峠。

ふと今生に借別の別れを告げた失意の人々のことを思うと、ぞっとするくらい怖くなる場所だ。

通過していくサンライズ出雲の車窓はオレンジ色に染まっているのが、命の灯火のようにも感じられる。

平坂街道(へいさかかいどう)とは、東海道の小坂井(愛知県豊川市小坂井町)から分岐し、ここを起点として、「平坂湊」(同県西尾市平坂町)に至る約40キロメートルの街道である。三河南部海岸地帯を横断し、三河木綿や塩を運ぶ主要な通商路であった。

 

f:id:pooteen:20161216130927p:plain

 新幹線が星越峠をトンネルで抜けているのに対して、南を走るバイパスは切り通しを貫けていて、東からは長い直線で一気に登っているのが起点の十能交差点から見える。

 

blog.goo.ne.jp

 

ここは連続青春ドラマ「俺たち旅」の一幕を飾った場所で、気の遠くなるような長い坂のに対峙する主演クズ三人組を、遠くのカメラから写していた。

Fランのカースケと、その同級生オメダと、同郷の先輩で早大OB・グズ六が中心に織りなす友情と青春群像を活写し、生きることの意味、悩み、喜びなどについて問いかけていた。彼らの苦悩や煩悩も、遠くから見れば美しい青春の一幕に見えるという一種のメタファーだったのだろう。

星越バイパスの開通が1971年で、1975年スタートのロードムービーでもある「俺たちの旅」のロケ地として、国内観光旅行ブームで沸き立つ蒲郡市の開通間もない星越バイパスが選ばれたのであろう。

とても印象に残っているシーンだった。

 

ちなみに星越トンネルについて。

東京を起点に287Kの星越トンネルまでは、軌道の両サイドに、東京を背にして右側の上り線側が1m通路で下り側の左が50㎝通路となる。

ところがこれが星越トンネルを抜けると通路の幅が左右入れ替わる。ちなみにトンネル内は中央に通路がある。

理由は不明。