読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Judy 真夜中の偵察手

真夜中に仕事で東海道と中山道をうろうろしています。 ちなみにJudyは彗星という意味です。

愛知県名古屋市南区大江川330K870U

愛知県名古屋市 東海道

 

f:id:pooteen:20161106173847p:plain

名古屋市南区の大江川と新幹線が交わる地点。

林テレンプという大手の自動車部品工場の真横で、NGKスパークプラグ(レシプロエンジン用点火栓)で有名な大同特殊鋼の拠点が大江川沿岸にあり戦前からの工業地帯。

大江川と大江川緑地についてはリンク先より

大江川周辺は江戸時代以降に開発された新田で、かつて両岸には田畑が広がっていたが[2]、その後に周辺の宅地化や工業用地化が進んで水質が悪化したことに加えて、1959年昭和34年)の伊勢湾台風による破堤で流域に大きな被害が出たことで、流域周辺住民の大江川埋め立てへの強い要望が出された[4]。さらに南区において不足する公園の拡充を求める意見が多かったことから、昭和48年度より暗渠・緑地化し[1]1979年(昭和54年)6月24日に供用を開始した[2]。埋め立てにあたっては、水銀シアンなど有害物質を含むヘドロは全面に渡って透水シートで覆い、そのうえに砂を厚手にまいてさらに不透水シートで覆って、その上に瓦礫を置いて最上部に良質な土で被覆した[5]。なお、現状名鉄常滑線付近で途切れている緑地を河口まで延伸するための埋め立てが計画されている[6]

埋め立て事業に伴い、名古屋市は汚染物質の発生源たる企業二社に対し、公害防止事業費事業者負担法に基づいて事業費約28億円の一部(11億円)を負担させたが[7][4]、これも緩衝緑地の設置と相まって名古屋市では初めての事例である[2]

大江川緑地 - Wikipedia

 また近隣の笠寺駅にはガイシホールという立派なイベントドームがある。大同特殊鋼による施設で製品である碍子に由来する。

広告を非表示にする